目の病気について

目の病気と健康について
基本情報をご覧いただけます

飛蚊症・網膜裂孔・網膜剥離

飛蚊症とは?

飛蚊症

チラチラ飛んでいるようなものが見える、虫のようなものが飛んでいる、黒いものが見える、暗いところでなにかがキラッと光って見える、などの訴えで毎日のように数人が来院されます。

 

それらのほとんどは後部硝子体剥離といって、老化の進行により目の中の硝子体というものが網膜から剥がれて起こるもので、そのまま放置しても問題がないものです。剥がれた硝子体が網膜面から徐々に離れていきますので、その硝子体の影である飛蚊症は徐々に減っていきます。

 

ただし、中には網膜剥離や硝子体出血、ぶどう膜炎などの病気で起きてくることがありますので飛蚊症が生じたときは油断せず、眼科でよく調べておいた方がよいでしょう。

 

網膜円孔や網膜裂孔という病気がある場合でも、網膜剥離への進行する可能性が少ないと考えられる場合には、レーザー治療などは行わずそのまま経過を見る場合もあります。網膜剥離が起きかけている場合や網膜剥離が起きる可能性がある場合にはレーザー治療で網膜剥離を防止します。発見が遅れすでに網膜剥離が起きてしまっている場合は、レーザー治療ではなく下記のような手術が必要となります。

 

 

飛蚊症・網膜裂孔・網膜剥離の治療

レーザー光凝固術
レーザー照射

レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ方法です。また、出血や白斑も治療できます。この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の 進行を阻止することができています。


〒068-0025 
北海道岩見沢市五条西5丁目1-25

お問い合わせ:TEL 0126-24-4118

FAX 0126-24-4138

JR岩見沢駅より南方へ徒歩5分
中央バス「4条西5丁目」バス停より南へ徒歩1分

医院前駐車場:8台ございます。
提携駐車場:正面の公園地下駐車場もご利用いただけます。

診療時間
診療時間
8:30~12:00
14:00~18:00

19:00
まで

コンタクト
検査
16:00
まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

 

アクセスマップ

医療法人社団 大川眼科医院 ページの先頭へ