目の病気について

目の病気と健康について
基本情報をご覧いただけます

逆まつげ

逆まつげとは

まつげは本来、まぶたの縁から眼球とは反対側へカールし、眼球にあたらないように生えています。 しかし、「逆まつげ」では、何らかの原因でまつげが眼球の方へ向かっています。そのため、まつげが眼球にあたってしまい、ひどくなると角膜に炎症や潰瘍(かいよう)ができることもあります。

 

症状としては目にゴロゴロするような異物感を感じたり、涙目になったり、目が痛む場合があります。

 

 

逆まつげの原因

逆まつげには、大きく分けると、まつげが眼球に向かって生えてしまうタイプと、まぶたの縁が眼球側へ向かってしまうタイプがあります。

 

まつげが眼球側に向かって生えてしまうタイプのものは「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と呼ばれます。これは、まつげの毛根の周辺で起きた炎症による傷跡などのために、まつげの生える方向が不規則になってしまうものです。

一方、まぶたの縁が眼球側へ向いてしまうタイプのものは「眼瞼内反(がんけんないはん)」と呼ばれます。これは、皮下脂肪でまぶた(眼瞼)が膨らんでいる乳幼児でみられる先天性のものと、老化でまぶたの皮膚がたるんでしまった老人性のものに大きく分けられます。

〒068-0025 
北海道岩見沢市五条西5丁目1-25

お問い合わせ:TEL 0126-24-4118

FAX 0126-24-4138

JR岩見沢駅より南方へ徒歩5分
中央バス「4条西5丁目」バス停より南へ徒歩1分

医院前駐車場:8台ございます。
提携駐車場:正面の公園地下駐車場もご利用いただけます。

診療時間
診療時間
8:30~12:00
14:00~18:00

19:00
まで

コンタクト
検査
16:00
まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

 

アクセスマップ

医療法人社団 大川眼科医院 ページの先頭へ