目の病気について

目の病気と健康について
基本情報をご覧いただけます

ものもらい(麦粒腫)

ものもらい(麦粒腫)とは

まぶたの一部が赤くはれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は俗に「ものもらい」といわれる目の病気のひとつです。まぶたに硬いしこりができる霰粒腫(さんりゅうしゅ)も、ものもらいと呼ばれることがありますが、これは別の病気として区別されています。 ものもらいは、「めいぼ」、「めばちこ」、「めばち」、「めっぱち」、「めっぱ」、「のんめ」など、全国でいろいろな呼び方があります。

 

はじめの症状は、まぶたの一部の赤いはれで、しばしばかゆみを感じることがあります。まばたきすると目が痛い、充血する、ゴロゴロする、まぶたが赤くはれるといった症状が出てくることもあります。そして次第に赤み、はれが強くなり、痛みを伴うようになってきます。症状が進むと、はれたところが自然に破れて膿(うみ)が出ることがあります。そのあと症状は回復に向かいます。炎症がおさまれば数日で治ります。

 

 

ものもらい(麦粒腫)の治療

原因となる細菌に抗菌作用のある抗菌剤の点眼や軟膏、抗菌剤の内服がおもな治療法です。 また化膿が進んでしまった場合は、切開して膿を出すこともあります。治療期間中はコンタクトレンズを使わないようにします。  

〒068-0025 
北海道岩見沢市五条西5丁目1-25

お問い合わせ:TEL 0126-24-4118

FAX 0126-24-4138

JR岩見沢駅より南方へ徒歩5分
中央バス「4条西5丁目」バス停より南へ徒歩1分

医院前駐車場:8台ございます。
提携駐車場:正面の公園地下駐車場もご利用いただけます。

診療時間
診療時間
8:30~12:00
14:00~18:00

19:00
まで

コンタクト
検査
16:00
まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

 

アクセスマップ

医療法人社団 大川眼科医院 ページの先頭へ